MaiDenSnow Eve ~さる前夜祭~

MaidenSnow_17 RPG

多岐種類を誇る武器やアイテムを駆使し自動生成のマップを進む不思議のダンジョン系の探索と、シームレスに展開されるHシーンが特徴のローグライク風のRPG。純粋に楽しめるゲームとしてもエロゲとしてもオススメ。私が同人にハマるキッカケになった作品であり傑作です。

作品紹介(公式)

作品内容

知恵と勇気であらゆるピンチを切り抜けたり、
切り抜けられずにもみくちゃにされるのを楽しむターン制アクションゲーム(※)。

»» 続きを読む

プレイヤーキャラクター:ひとり。
プレイヤー人数:ひとり。
イベントCG枚数:4〜
絶頂カットイン数:5×3コマ(※フォルダ読み込み式)
立ち絵ポーズ:2種
立ち絵衣装数:4+その派生装備(予定)。他手足など小物。

妊娠・ふたなりの表現もありますが、見た目と表示名のオンオフが可能です。

“時は前代、世紀が初頭。
粉雪舞い散る闇夜の大路に、曳くは白刃、吠えるは白煙。
悪魔祓いが一人往く。”

ランダム生成される人外魔境を舞台に、メイデンスノウと呼ばれる祓魔騎士、あるいはシスター・ローランの、剣が魔術が銃撃が、ひしめく魔物を討ち祓う。

討ち祓えなかったりもする。

ほぼ全ての行動選択をワンアクションで(※)実行する、臨場感溢れるターン進行を実現。

しつつ、
恥辱や快楽、劣情を与える攻撃・トラップにより戦闘不能に陥るだとか、
はたまた無数の敵からの攻撃に屈し、なす術も無く陵辱されるであるとか、
全力で戦った末のピンチや敗北を満喫するためのゲームです。
もちろん望むならば、敗北し、陵辱されてもなお反撃のチャンスを窺うことが可能ですし、
本気でターン制アクション陵辱ゲームを攻略することも可能です。

※ そう、服従・拒絶といった陵辱中のスタンス選択まで。
敗北中の陵辱や、イベント中の行為も基本的にキーレスで進行できます。

人によってはなんぼ本気でやってもぐちょぐちょにされてしまったり、色々されすぎて、まともに戦えない身体になってしまう事もあるでしょう。
しかし、それでも少しコツを掴んだり、初心者モードで遊ぶならば、犯され這いずりながらでもゲームや衣装コレクションはそれなりに進行します。

また、ゲーム的なデータは引き継ぎながらも任意にリスタートしたり、
性癖や陵辱経験は閲覧や読み込み用に出力しつつ、リセットしたり。
フラグや状態管理に煩わされないプレイが可能になります。

初心者モードならば、特別頑張らずに犯されながらでもそれなりに進行し、
それ以外なら、攻略を進めるほどにプレイ中のエディットなどが解禁(※)されたり。

※ 初心者モードでは、ニューゲーム時にのみ全エディット要素が選択できます。
また、キャラクターが根っこから変わるようなものではありません。

他、カスタマイズ要素として
ファイル読み込み式の(主にえろいことをされたリアクションの)カスタム台詞(※)。
フォルダ読み込み式の絶頂カットイン(※)。
ファイル読み込み・選択式のボイス再生機能(※2)。
を実装。

※ 体験版では一部サンプルを添付しますが、機能は搭載されません。
※2 体験版では設定と保存のみできます。
また、ボイス用のwav/oggは付属しません。秘蔵えろボイスをお持ちの方向けの機能です。

»» 閉じる

サンプル画像

MaidenSnow_s1 MaidenSnow_s1
MaidenSnow_s2 MaidenSnow_s2
MaidenSnow_s3 MaidenSnow_s3

独特の世界観

まず第一印象として、この値段でこのクオリティのゲームが出来るのかと。作者様の紹介文ではゲーム内容がよく分からなかったので、体験版をプレイしたら一目惚れ。即購入しました。

何処か背徳的で退廃的な中にノスタルジックで寂寥感を感じさせる独特の世界観。現代の商業ゲームのような美しいグラフィックに頼らなくとも、ドット絵で十分雰囲気が伝わる作りとなっています。
淋しげな世界を孤独に往くヒロインのシスター・ローランには最初のダンジョンマップである雪原の風景がとても似合います。少しダークファンタジー的なところもあり、そういった雰囲気が好きな方にもおすすめです。

MaidenSnow_26 MaidenSnow_m1

高いクオリティを誇るローグライク

ローグライクのゲームとして優れているので、シンプルにゲームとして長時間楽しむことができます。不思議のダンジョン系のトルネコや風来のシレンとか好きな人はきっとハマることでしょう。ゲーム性が高いせいか、ネット上にはしっかり作り込まれたwikiまであります。

ダンジョンは入るたびに自動生成され毎回マップが変わる仕組み。アイテムの配置・敵の配置もランダムなので臨機応変に立ち回る必要があります。ローランはレベルアップはしますが、それほどステータスアップの恩恵を受けません。ダンジョンに落ちているアイテムや武器などにより攻略の難易度が毎回変わるため、運に左右される部分が大きいです。

MaidenSnow_28 MaidenSnow_25

また予期せず敵に囲まれたり特殊攻撃をされたりと突然の状況変化によって致命傷となることもあり、「これをしたから間違いなく勝てる」というセオリーが存在しません。敵の配置から位置取りを決め、武器を切り替えながらスキルと所持品を駆使して戦い、時には撤退するという次の一手を考えながら進める緊張感溢れる作りとなっています。

MaidenSnow_1 MaidenSnow_2 MaidenSnow_3 MaidenSnow_27

ダンジョンの階層は終わりなく続くため、何処まで探索できるかもやり込み要素の一つです。また深い階層に潜れば潜るほど良い武器が落ちていたりします。武器は鍛冶で強化させたり、エッセンスで特殊効果を付与させることも可能です。もちろん敵が大量に犇めくモンスターハウスも有り。

MaidenSnow_16

余談ですが、ボス戦の音楽が超格好良いです。フリー音源でWhite:Island様という方が作曲の『Aegis』という曲らしいですが、今は活動されていないのでしょうか。作者様のクレジット記載にあるリンク先は404になっていましたね。ちなみにゲーム内の楽曲をプレイヤーの好きな音楽に変えられるのもポイントです(Audioフォルダ内の該当場所へ名前を変更して入れればOK)

シームレスに挿入されるローグライク風のHシーン

ゲーム内で敵キャラに倒されたとき、ローランはそのまま犯される流れとなりますが、これがゲームの進行を止めることなくシームレスに表現されます。このゲームの特色として、Hシーンですらローグライクとしてのゲームの一部としているところが素晴らしいです。

ゲーム内のエロ描写の特徴は、主人公が凌辱されている様子が圧倒的な量のテキストによって表現されること。情景描写や妄想が好きな人には堪らない表現となっています。
私は基本的に抜き特化のエロゲが好きなのですが、このゲームで表現される革新的なHシーンには感服しました。私にとっては下手な抜きゲーより断然エロいです。

MaidenSnow_30 MaidenSnow_22

ローランが辱しめられている様を無機的に描写するHシーンのテキスト。モンスターハウスで敗北したときなど、圧倒的な物量の敵を前に輪姦されますが、休む間もなく蹂躙される様子を描写したテキストが怒涛の如く流れてきます。

衣装を剥ぎ取られローランが穴という穴に体液を出され、グチョグチョにされる悲惨な光景。それでも抵抗しようとローランは何度も立ち上がりますが、画面を埋め尽くす大量の敵の前にして遂には屈服させられます。あとは激しい凌辱劇をただ見守ることしか出来ないプレイヤー。妄想力が相まってさらに官能的になる表現技法こそ、このゲームの真骨頂でしょう。

MaidenSnow_24 MaidenSnow_18

MaidenSnow_19

尚、衣装の差分要素も実装されており、防具類は装備すると立ち絵の見た目にも反映されます。一つの装備でも使い込むとミニスカになったり、露出が多くなったりと細部までの作り込みがとにかく凄い。敵の攻撃を受けボロボロに破られた衣装は立ち絵にも反映され、被虐感を誘います。

MaidenSnow_15

衣装は自由に変更可能ですが、大量の発情した敵を前に露出度MAXの水着みたいな防御力皆無の装備をして挑もうとしている時点で何か興奮しませんか?もっとも実際は露出全開の衣装類でもゲーム内では各々防御効果は付帯していますので、ご心配なく。

MaidenSnow_29 MaidenSnow_30

カットインCGを自分好みに変更することが出来るため、自分好みのエロシーンにするという楽しみ方も。ちなみにCGの作成時は顔を隠す(画像に入れない)のがコツです(笑)。ローランの身体だと思い込めば…完璧!弱点としては私は巨乳が好きなので、変更したCGでは明らかにお胸が大きくなってしまうことでしょうか…。

MaidenSnow_9

また数は少ないですが、エロCGも実装されています。何とアニメーションします。この作者さん色々出来て凄い・・・。

MaidenSnow_m2

システム周りも充実

ローランの髪の色やスタイルを変えたりもできます。前述のとおり、Hシーン時のカットインをプレイヤー好みのCGに差し替えたり、ゲーム内に流れる曲を好きなBGMに変更出来たりと、ある程度の改変も認められており自由度も高いです。ただしキャラステータスなどのゲーム内のチート的な改変は一切出来ず、そこに作者さんのコダワリを感じます。

MaidenSnow_23

短所を挙げるとするとゲームの難易度が若干高いこと、覚えることがたくさんあることでしょうか。でも、だからこそやり込みがいがあります。特に操作は細かい役割が各々のキーに割り付けられていること、スキルコマンドが多く状態ステータスなども多岐にわたり覚えるまで時間が掛かるかもしれません。最低限の必要な操作をレクチャーしてくれる最初のチュートリアルは、よく理解しておいた方がいいでしょう。

ローグライクに慣れていない方はゲームの難易度も選択できるので、少々制約は発生しますが、最初は初心者モードが良いかもしれません。もちろん通常の難易度でグチョグチョにされても良いかも。ゲームを始めたての頃は、あっという間にヤラレると思います(笑)

あきらめなければゲームオーバーは無いが・・

敵に敗北し凌辱されてもあきらめなければゲームオーバーになることはありません。ある程度のペナルティは発生しますが、何度でも挑戦することが出来ます。ただ何度も敗北しているとローランがどんどんと堕ちてしまい、ゲームの難易度は上がっていきます。

犯され過ぎて快楽の虜となったローランが探索中にいきなり発情して無防備になり、そこに敵がやってきてそのまま・・みたいな。そこら辺の描写も何だか生々しくて良いですね。ちなみに、どのくらい凌辱されたかの状態もしっかりとステータス画面に反映されます。

MaidenSnow_20

MaidenSnow_14

このゲームは人を選ぶかもしれませんが、本当にエロいです。単純な抜き特化なエロゲより興奮できるかもしれません。

ゲーム内の攻略

詳しい攻略はwikiで調べると良いと思いますが、ゲームを遊ぶ上で最低限必要な攻略情報として簡易的に説明します。wikiは下記リンクから。

Maidensnow_Eve 攻略ウィキ
このwikiはサークル「うさぎめしや」の同人ゲーム「MaiDenSnow Eve ~さる前夜祭~」の攻略wikiです。 移転作業は完了しました!なにか間違いがあった場合は掲示板のWikiスレにて報告を...

・導きの糸、魔法の地図
➡階層を多く進める。探索に非常に有効なので積極活用。あとヤバそうなときは無理せず帰還。

・ターン送り(W+X)
➡その場でターンを送るだけでHPやMPを回復できます。また敵の動きもコントロールできます。

・聖水
➡生命線なので常に確保。ピュリファイアクラフトで生成可能。

・敵は一本道に誘い込むこと
➡ローランさんは基本的に強いです。対面での一対一では簡単には負けません。しかしながら囲まれるとあっという間に穴奴隷に・・。

・逃げるとき、囲まれそうなとき
➡スキル「エンゼルハイロウ」又は「ロングダート」で脱出!

・モンスターハウス
➡間欠泉の罠を踏めば、次のフロアは必ずモンスターハウスになります。ローランさんが徹底的にグチョグチョになる姿を見たい方はまず踏んでみましょう。
ちなみにモンスターハウスでも位置取りをしっかりして振舞えば乗り切れます(運要素もありますけど・・・)。ここを狙って切り抜けられるくらいに上手くなると、このゲームの楽しさが分かりますよ。

・ゲームを始めたらまずは礼拝堂を目指す
➡以下オススメルートです。
◇崖下の木陰(初期位置)
↓吹き荒ぶ木立(風を避けて窪地へ行く)
◇洞穴の入り口
↓朽ちゆく魔軌道(ぬかるんだ道を進む)
◇暗渠の水源池
↓泥濘の水脈 流れに沿って進む
◇外れの水車小屋
↓閉ざされた大路(丘を登り礼拝堂を目指す)
◇丘陵の礼拝堂

dungeon_map

※画像はwikiより抜粋させて頂いております。

・各サイトにいるボスとの戦闘を可能にするにはメモリー『○その前夜祭』が必要。『納骨堂の奥底』又は『うろ穴の大木』を目指しましょう(『吹き荒ぶ木立』では最初からエンカウントできます)

最近になり久しぶりに遊んでみたら、やはり時間を忘れて楽しめました。私をR18同人作品というジャンルにハメた罪深きゲームです。未プレイの方は是非遊んでみてください。

まとめ

◆ 妄想好きでテキストで興奮できる人に
◆ ローグライク好きに(不思議なダンジョン系とか風来のシレンとか)
◆ エロゲーとしても逸品。エロ無しでも傑作。